OVA で展開、構成変更、シーン追加されて、MOVIE EDITION となるのですが、どちらも絵のクオリティの凄さに当時は圧巻。

マクロス特有の三角関係が、男性陣2名で展開されるストーリも、戦闘シーンと歌で見せる映像も文句なし。
ガンダムにはガンダムの良さがあるけど、マクロスにはマクロスの良さがあるなぁと、改めて感じる作品。

ところで、YF-20 ってどこいったんだろ・・・。

マクロスオフィシャルサイト

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

オレの歌を聴け!」 と叫んでは戦場に飛び込んでいく、熱気バサラ。

シリーズが長いだけに、最初は、どうなんだ?と思いながら見てたのだが、途中からプロトデビルンのストーリーへ集約したあたりから面白くなった。

そこまで行くのに、自由勝手な行動をする主人公をどう捉えるかで、見続けるか嫌になるか別れるんじゃ無いかと思える作品。
最後までちゃんと見られれば、イロイロと派生して展開している OVA や 映画 も楽しめると思う。

元祖、歌アニメのマクロスの流れを踏襲しており、この後の F (フロンティア) へも繋がる部分が多くある。
同時期に、マクロスプラスが制作されていたこともあり、バルキリーの機体番号なんかをちゃんと覚えている方は、そちらも楽しめるのでは無いでしょうか。

マクロスオフィシャルサイトB-CH

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+