連日、マクロスで来てましたが、本日がとりあええず最後で・・・。
新しいマクロスの製作があるとか無いとか聞きますが、ここまでの歴代マクロスの集大成とも呼べるマクロスF。

これ以前の歴代マクロスストーリーのエッセンスを取り入れて構成されており、作中も過去のマクロスの歌、パイロットの声だけ出てくるとか憎い演出がいっぱい詰まっている作品。
TVシリーズ中も、歌を見てるのか戦闘を見ているのか、よく分からなくなることがしばしばありましたが、映画ではさらにスケールアップしてましたね。

もう、見て下さいとしか言えないです。

 

公式

以下、個人的なまとめ Read More →

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

娘と嫁が何かで見ていたらしく、続編を娘が見たいというので最初っから、4クール目までを見た。
おっさんが見るには、ちょっとライトな内容すぎるところが難点かなと思いつつも、ストーリーがちゃんと展開されるので、ついつい最期まで続けて見てしまった。

あまりにも、話数が多いので思い出せと言われると困るのだが、娘が喜んで見てたので良し!と言う作品でした。

B-CH (1話目無料)

Error: Suspended
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

絵はとても綺麗なのだけど・・・。

守るべきものが見つかったとき、人は強くなれる

少年は高校生で揉め事処理屋。暗い生い立ち故に愛想笑いで身を守り、普通に憧れている。同時にそんな自身と葛藤している。少女は特異な大財閥の娘。運命を呪うことも外の世界も知らない少女の瞳は実に真っ直ぐでおそれを知らない。そして少年と少女は出会った。子供と大人、女と男、二人はどうお互いを鏡見るのだろう…。

ストーリーが淡々と知ってて当然の様に展開して、一通りの内容をもって完結するため、物語の途中から終わらない物語なんだけど、それとなく結末をもって終わるような作品。
上手く伝えづらいのですが、子供から大人へ成長する過程の心理描写を描こうとしている部分や、それを助ける大人の矜持的な部分を切り取っていて、見ていて楽しめました。

ただ、人によっては中途半端に感じたりするのだろうなと、見ていても思う作品かなぁ。
絵は背景画含めて、とても緻密に描写されている良作でした。

公式B-CH(1話目無料)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+