見た後にやられたなーと言う作品。
あまり、監督、脚本家などを気にせずアニメを見ていたのだけど、このアニメを見た頃から気になり始めた。
大凡、ああ、やられたなーと言う期待を良い意味でも悪い意味でも裏切られたり裏切られなかったりする、虚淵作品。

それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い――
それは、新たなる魔法少女物語の始まり――

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。見滝原中学校に通う普通の中学二年生、鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない…。

おやじが女子中学生を主人公にしたアニメ見てどうなんだろう?と思いながらも、娘と一通り見て楽しんだ。
2回、見直した後で、これもう一回見ようかなと思う度に、重たいなーと心のどこかで思って敬遠してしまう作品。

次、いつ見るんだろうw

公式B-CH

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

職業・ヒーロー(正社員)
崖っぷちのベテランと扱いにくい新人
最悪で最高のヒーローコンビ誕生!

『NEXT』と呼ばれる能力を使って、街の平和を守る『スーパーヒーロー』が存在する都市シュテルンビルト。仕事も私生活も崖っぷちのベテランのヒーロー、ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)は、突然新人ヒーローのバーナビー・ブルックスJr.とコンビを組むことに。二人は対立しながらも悪に立ち向かう…!

アメコミ的なテイストの特徴を持ちながら、話の展開とテンポが良く、気がつくと最後まで見ちゃってた作品。
娘を持つ父親としては、虎徹のかっこ悪さや、仕事を隠している部分などは共感。

タイバニ自体では、映画による展開などもあるので、全部の作品をまとめて楽しむなどの楽しみ方もあるかと思います。
まだ、見たことが無い人は、ぜひどうぞ!

公式B-CH (1話目無料)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

元々は、「機動戦士ガンダムSEED」だったのが、16:9 の画角で「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」となって、TV放送でも再度放送された作品。
4:3 の画角サイズはお蔵入りしており、今となっては違いを確かめる方法がほぼ無い状態となっていると思われる。

何がすごいって、「フリーダムガンダム」がすごすぎる。
初めて見たときは、歴代ガンダムの中で比類無き史上最強だと思った機体。
0083 に出てくるデンドロビウムのステインメン構造を持った、ミーティア強化武装装備まで出てきたときは、さすがに圧巻。

パイロットの生い立ちや、親友、その他それぞれのキャラとの関係性が色濃く描かれており、ガンダムパイロットして、何故、キラ・ヤマトが最も優れているのかも分かりやすい作品。

これまでは、宇宙世紀(U.C.)の作品が好きだったのだけど、この作品とディスティニーは、コズミック・イラを背景に展開されており、独特のガンダム世紀で展開されるのも好感。
話数は多いけれど、楽しんで見られる作品だと思います。

ガンダムはどれも、見てもらった方が話しが早いとおもうw

公式B-CH (1話目無料)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+